ホスピタリティ ツーリズム専門学校・東京ブライダル専門学校
ホスピタリティ ツーリズム専門学校東京ブライダル専門学校

学科ブログ

続けることが一番大事 【グランドハンドリング科】

みなさん、こんにちは。

先日お知らせした通り、ウチの科ではさる7/12(水)に「1・2年生合同フィジカルトレーニング」を「新宿コズミックスポーツセンター」で行いました。

今回は特別講師として、ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチーム「クボタスピアーズ」の浦山真吾S&Cコーチをお迎えしました。
Photo
カッケー!

S&Cとは「ストレングス&コンディショニング」の略で、ケガをしない、筋力やパワー、スピードなどをあげる…簡単に言うと、アスリートの「体づくり」のことです。
グランドハンドリングの仕事も決してケガとは無縁ではないし、スピードが求められます。まさにピッタリではないですか!

ということで、のっけから厳しいメニューが展開と思いきや、まずはお話から。例えばリカバリー(疲労回復)の話。

・睡眠時間は8時間以上取る。8時間未満だと1.7倍(!)ケガしやすくなる。
・朝食は抜かない。何でもいいからとにかく食べる。
・水分を補給する。アスリートであれば1日2リットル以上。
・シャワーだけで済まさず入浴する。リラックス効果と水圧で血流がよくなる。
・休日も少し体を動かした方が一日中ゴロゴロしてるより疲れが取れる。(アクティブレスト)
・運動習慣を身につける。週1・2回でもOK。

おおっ、これみんなグランドハンドリングの職場でも言ってたことばかり。アスリートといってもやっぱり(人間としての)基本からなんですね。

1・2年生のみんな、ちゃんと聞いてる?

で、お話のあとは体幹を中心としたメニューが、休憩を入れながら1時間半ほど続くのでした。
こんな感じ。
「170712_110214_1.mp4」をダウンロード

体育館に響く浦山コーチの掛け声。それを聞いてるだけでもプロのコーチの凄さ、真剣さ、気迫が伝わってきます。もちろん今日指導する相手はアスリートではなくウチの学生なので、いつもの指導よりは手加減はしているんでしょうけど。

でも、プロのコーチから直接指導を受けているみんな、これは本当にいい経験だよ!
明日から継続するんだよ。まずは出来ることから始めよう。
続けることが一番大事だ、って浦山コーチも最後におっしゃってたでしょ?

浦山コーチ、ありがとうございました。


「クボタスピアーズ」公式サイト

http://www.kubota-spears.com/


ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

コメントを投稿





最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ


ページトップへ