ホスピタリティ ツーリズム専門学校・東京ブライダル専門学校
ホスピタリティ ツーリズム専門学校東京ブライダル専門学校

学科ブログ

2016年1月アーカイブ

この先はもっと早くなるよ

先日、卒業生たちが来てくれました。
Dsc_0003
左から:竹澤さん、檜山さん、柞木さん

竹澤さんの出張ついでに顔を出してくれたわけですが。
(つまり、メインは出張。。。って、当たり前か)

こうして、卒業してそれぞれの道を歩んでいても、仕事とかどこかでつながり続けているのが専門学校なのかな。

三人とも2012年の卒業だから、そろそろ4年になるのか。。。
三人も早いって口を揃えてましたので、「この先はもっと早くなるよ」と軽~くオドしをかけてみました。( ^-^)b


さが錦ごちそうさま。また来てください。では。



ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

先生だって勉強

みなさん、どんな新しい年をお迎えですか。

学校はいまはまだ冬休み。来週の火曜日に授業が再開します。
2年生たち(の多く)は成人式。一生に一度しかない式ですから、しっかり思い出に残してほしいですね。

さて、私はいま再教育を受けに成田に来ています。
私が受けているのは、IATA、日本語名は「国際航空運送協会」という航空会社などが集まった組織で定めた、危険物を飛行機で運ぶ際の取扱いなどの規則に関する資格更新のための3日間の再教育(航空業界では「リカレント」といいます)です。

危険物の航空輸送規則は、全世界的に2年に一度大きく改定されます。従って、この資格も有効期間が2年間しかなく、再教育を受けないと更新がされずに資格を失ってしまうことになります。

Dsc_0268
これが、通称「DGR」と呼ばれている規則書です。分厚いでしょ。
ちなみに、中身はこんな感じですべて英語です。日本語は全く出てきません。(+_+;)

Dsc_0269
安心してください。講義は日本語ですよ。(^_^)

私が持っている(更新しようとしている)のは、航空貨物だけではなくて旅客ハンドリング(グランドスタッフ)や運航(ディスパッチャーやパイロットなど)、保安検査員の業務範囲もカバーしている「カテゴリー6」と呼ばれているものに「放射性物質」の取り扱いを含めたもので、IATAが定めた規則のすべてが対象になっているので、朝9時から夕方6時までの授業と2回のテスト(2回とも80点以上取らないと不合格…!)、計3日間みっちりこってりのプログラムになってます。

とはいえ、せっかくの機会だから成田で活躍している卒業生と食事もしました。
人数が揃わないのはこの仕事の「宿命」なんですけどね。
Dsc_0270

Dsc_0271
鍋がおいしかったです。(^o^)/

これから宿題頑張ります。明日(2日目)は朝から宿題の答え合わせ。今日の復習だから、3時間くらいあれば終わる…かな?

(2016年1月9日画像追加)


ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ


ページトップへ