ホスピタリティ ツーリズム専門学校・東京ブライダル専門学校
ホスピタリティ ツーリズム専門学校東京ブライダル専門学校

学科ブログ

2015年10月アーカイブ

★『ベトナム情報』!(ブログ第5弾) ◆海外インターンシップ◆

こんにちは。入学相談室の細羽見です。

さて、大好評の観光科・伊比さんのベトナムブログ第5弾cameraをご紹介します!

今回はH.I.S.様での海外インターンシップ中、観光マップ制作の際に取材した

ベトナムの隠れ家的カフェのご紹介ですcafeheart01happy01

 

----------------------------------------------------------- 

みなさんこんにちはsign01旅行科1年の伊比です。

前回は有名なベトナム料理をいくつかご紹介しました。

ですが、香草が苦手、ローカルはちょっと不安、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?(実は私もその一人ですsweat02

もちろん屋台だけでなく、ベトナム料理を扱うレストランはたくさんありますが、

アメリカン、フレンチ、日本で食べるより美味しい日本食(!?)なども楽しめるのがホーチミンの魅力shineshineshine

さて、今回私がご紹介するのは、カフェcafeですsign01

「ベトナムコーヒー」は有名ですが、娯楽施設が少ないベトナムでは休日をカフェで過ごす人が多いんです。

ちなみに一番お高いのはやっぱりスターバックスclubcatface

内装は日本とあまり変わりません。ちなみにこちらはベトナム限定グッズですhappy02diamond

1


 

私がぜひみなさんに行ってもらいたいのは、隠れ家カフェですsign01

「えっ!こんな所にこんなオシャレなお店が!?」という場所がホーチミンにはたくさんあります。

個人経営のお店が多いというのも理由の一つではないかと思います。

 

今回ご紹介するのは、在住日本人おすすめNo.1crownという隠れ家カフェ「L'USINE」note

ルージンは、メインストリート・ドンコイ通りの古いアパートの2階にあります。

表に看板がないので、外からでは中にお店があることにすら気づきません。

こちらが入り口です。

中が薄暗くてちょっと怖いですよね。

2


3


誰が描いたか分からない絵がずらり!さらに怖い!(笑) 夜はもっと気味が悪かったです。

でも、ちゃんと見てみると意外とステキな絵がartshine

奥に進むと、やっと看板が見えてきましたsign01

看板の指のさす通り角を曲がり、階段を上るとお店があります。

5

中に入ると・・・・

7

落ち着いた音楽が流れ、ゆっくり長居したくなるようなフレンチスタイルのカフェ。

お話しする人、本やパソコンを開く人、音楽を聴く人、みんなリラックスしていて

とても良い雰囲気ですheart01欧米人も多かったですよ。

 

8


入り口には可愛いカップケーキが並んでいますheart04

コーヒー、ケーキなどのお値段もお手頃価格。

新鮮な野菜を使ったサンドイッチやホームメイドケーキがおすすめです。

奥のスペースには、セレクトショップがあります。

9


お洒落なファッションアイテムがセンスよくディスプレイされていますね。

洋服のほかに、L’USINEオリジナルのトートバッグ、iPadケース、

個性的なデザインの蝶ネクタイやヘッドフォンなどの小物類もあり、

見ているだけでワクワクしちゃいますnote

最後に、お店の端っこにあったこちらをご紹介します。

10


アメリカやヨーロッパで有名なマルゥチョコレートですshine

ベトナム産の良質なカカオ豆で作られたチョコで、世界から注目されています!

大切な人へのお土産に一枚heart01

 

さて、いかがだったでしょうか。

安くて美味しい!はもちろんなのですが、ベトナムのカフェは基本どこでもWiFiが無料で使いたい放題!

そして、時間制限や長居して追い出されるなんてこともありません。

コーヒー1杯で何時間でもいられちゃうんですnotenote

そんな魅力満点のベトナムカフェcafe

みなさんもベトナムに訪れたらぜひ足を運んでみてくださいねhappy01



ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

海外インターンシップ頑張ってます!タイ・バンコク

サンドイッチ留学をして語学力と国際感覚を身に着けた2年生は

有志で海外インターンシップに参加することも目指せます。

ホテル科夜間部2年生の菊地さんは去年シアトルでの10か月の留学を終え、

海外で就職したいという気持ちがありました。

学生の間に2-3か月経験して将来について考えてみよう!そんな気持ちで

タイのバンコクに旅立ちました。

1444834391306


配属先はフロント。(右手前が菊地さん)

授業でフロントのPC扱いも慣れていたので即戦力となったようです。

学校の「宿泊予約システム演習」では世界中のホテルで利用されている

OPERAというシステムを導入し、予約や顧客管理、フロント業務を学びます。

授業の内容がすぐに使える!それが専門学校での「学び」です。

さて、休日にはチェンマイという国に出かけたそうです。

象やトラなど、日本では檻の中でしか見かけない動物と触れ合い、異国での様々な

驚きや発見を日々体験しています。

Img_20151012_085339
象と一緒に(左が菊地さん)

トラジャルは卒業してからもこのような海外インターンシップの紹介をしています。

在学中から海外へ行くチャンス!学んだ語学を生かせるチャンス!

手探りの将来の夢を確実に手にするために、菊池さん、あと半月頑張ってね!



ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

コンシェルジュをめざして

みなさんは「コンシェルジュ」というお仕事をご存知ですか?

ホテルの中では「ゲストのどんなご要望にもNOと言わずに対応する」接客のスペシャリストをこう呼びます。

ホテル科昼間部2年生は4月から「東京シティガイド」という授業で東京の様々な

ことを学びます。

歴史や地理が苦手、と逃げたい気持ちを抑え、ゲストに聞かれたらどんなことでも即対応、が求められるプロを目指して日々経験を積んでいます。

前期が座学中心だった内容も、夏の特別授業では「江戸」の街へ繰り出しました。

また後期は2月の卒業制作「東京観光プレゼン」に向けての準備として

20151016image_3


歩きfootます!

20151016img_2240


Walking!

20151016img_3056


あるきます!!

20151016img_0665_3

たくさん、歩きshoeます。

でも学生のみんなはとても楽しそうに歩いています。

そして大切なことを感じています。

「行ってみないとわからないことがあった」

「思ったより外国人が多かった、年配の人が多かった」

「古いものと新しいものが混在していて面白かった」

などなど。

自分の肌で感じたものをゲストに還元できるよう、卒業制作ではコンシェルジュとして臨機応変な対応ができるよう、もっともっとたくさん東京を体感します!!!



ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

★『ベトナム情報』!(ブログ第4弾) ◆海外インターンシップ◆

皆さん、こんにちは。入学相談室の山田です。happy01

今日は秋晴れsun、気持ちのよい天気ですね♪

先日、北海道の登別(のぼりべつ)温泉spaに行ってきました!

自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃~90℃の高温、そしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力。これは世界的にも珍しく「温泉のデパート」と呼ばれるほど!だそうです。(白いお湯は私のお肌もすべすべに。)紅葉mapleも始まっていて、秋は絶好の旅行シーズンです。是非、皆さんもお出かけくださいね。

~ 観光科の伊比さんのベトナムブログ第4弾camera をご紹介します!~

こんにちは、旅行科1年の伊比です!

少しずつ肌寒くなり、すっかり秋の気候ですね。秋と言えば、食欲の秋!

今回は私が選んだ「安くて人気の定番ベトナム料理ベスト5」をご紹介したいと思います✨

 まずはこちら、皆さんもご存知の生春巻きです

1006_3

エビ、豚肉、白身魚,もやし、パクチーなど具材は様々。自分好みにアレンジして巻くのが楽しいのでホームパーティにもおすすめですsign03 ヌック・トォオン・ダウ・ナィン・サイという味噌と緑豆を混ぜ砂糖で味付けした甘いツケダレでいただきます。

続いてベトナムの定番家庭料理、空芯菜(くうしんさい)のニンニク炒めです

1006_4

空芯菜はベトナムで最もポピュラーな野菜。現地の方々は週に23回食べるそうです。ほうれん草に似ています。日本人の親しみやすい味付けや食感で、白いご飯にぴったりの一品です!コース料理によく含まれていました。

さて、ここからはトップ3shineをご紹介しますnote

さっそく、第3位はベトナム料理と言えばこれ! 『フォー』ですheart04

1006_5

一般的なお肉入りのフォー以外にも、現地では最近シーフード入りフォーの専門店も人気です。調味料や香草などもお店によって異なり、またどのお店にもライムや唐辛子などトッピングが用意されているので、自分で味を調節できます。

日本人には独特の風味が苦手な方もいますが、きっと自分好みの味が見つかるはずです!(100350)

2位はコムタムheart02です。

1006_7

コムタムとは、砕き米を炊いたものに色々なおかずをのせたワンプレートごはんのことです。定番のおかずは、甘辛いタレに漬け込んで炭火で焼いた豚肉「スーン」、卵とひき肉の蒸し物「チャー」、豚皮の千切り「ビー」の3つです。

私もこの組み合わせをいただきましたが、とても美味しかったです!ベトナム料理独特の風味もなく、もちろんパクチーも入っていません!() ベトナム料理が少し苦手な私にとって一番のお気に入りでしたheart04(250400)。

そして気になる1位は...バインミーnotesです。

1006_10

バインミーは柔らかいフランスパンのサンドイッチ。ベトナムを代表するローカルファーストフードです!毎朝7時頃になると、自転車にカゴいっぱいのバインミーを積み、“バインミーノンダ~イ”「フランスパンはいかが~?」と住宅街を周りに来ます。おかげでその声が目覚ましになっていました(笑)

町のあちらこちらに屋台があり、屋台によってパンも具材も様々。とにかく種類豊富なバインミー、組合せは無限大shineです!(50~100円)

いかがだったでしょうか?こちら以外にもベトナムには屋台ならではの面白い食べ物や美味しい料理がたくさんありますので、またご紹介したいと思います!

東京にもバインミーやフォーなどベトナム料理専門店がいくつかあるので、是非みなさんも一度食べてみてくださいねnotehappy01



ホテル科ページへ戻る
エアライン科ページへ戻る
観光科ページへ戻る
鉄道サービス科ページへ戻る
グランドハンドリング科ページへ戻る
テーマパーク科ページへ戻る
英語コミュニケーション科ページへ戻る
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 資料を請求する
ホスピタリティ ツーリズム専門学校 イベントを予約する

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ


ページトップへ